高齢妊活は難しい?それでも赤ちゃんを授かるためには…

MENU

高齢妊活は難しい?高齢でも赤ちゃんを授かるためには…

特に女性の年齢が高くなるほど、卵子の老化など様々な影響で妊娠が難しくなると言われています。
また、男性も高齢になるほど精子は老化し、量が少なくなり運動率が低下するなどの影響で妊娠が難しくなります。
高齢での妊活はこういった問題が出てくるため、「子供が欲しいから妊活するけど、不安がある」と悩む人もいるかと思います。男女ともに、35歳を超えたら妊活で不利になると考えておいたほうがいいでしょう。

 

ですが、そんな妊活するには高齢というような夫婦でもあっさり元気な赤ちゃんを授かることもありますし、逆に年齢的には問題ない若い夫婦でも妊活しているのになかなか子供ができず悩む場合もあります。
不妊になる原因は加齢以外にも、栄養の偏りや生活の乱れといった身近なところにもあり、さらに忙しくストレスの多い現代社会の影響もあります。
高齢でもこういったところを改善すれば、妊娠しやすい状態を作ることは可能です。

 

不妊治療も必要?

特に高齢妊活の場合は、なかなか授からないなら早めに不妊治療を選択することも必要です。結果が出ないまま自己流で妊活を続けてさらに年齢を重ねてしまえば、妊娠はもっと難しくなります。
診察を受けて明確な不妊の原因があれば治療が必要ですし、そうでなくても専門の場所で相談すれば役に立つはずです。もし何も問題がなければ、不安からくるストレスも解消され、妊活に前向きに取り組めるようなるかもしれません。
人工授精なども選択肢の一つではありますが、あらゆる面で負担が大きいにも関わらず確実に妊娠できるものでもないので、夫婦でよく話し合って選択してください。

 

良い高齢妊活をするには?

妊娠するのに大切なのは心身の健康です。体の状態が整っていないとホルモンバランスが崩れ妊娠し辛くなります。
また、体の不調は心の不調も招き、そのストレスは妊娠に悪影響となります。不安ばかり感じたりイライラした状態で、穏やかに妊活なんてできませんよね。
きちんとした栄養や睡眠や運動、飲酒や喫煙をやめて、規則正しい生活で体の状態を整えれば、心のほうも落ち着くようになります。特に不利になりやすい高齢妊活の場合はこのあたりの改善が大切と言えそうです。
食事では妊娠するために必要とされる栄養素もありますので積極的に取り入れたいですし、サプリメントを使うことで妊活をサポートする効果も期待できます。
また、妊娠について考えすぎてストレスになるとむしろ妊娠できない状態になってしまいますし、夫婦で意見が一致しないと良い妊活はできません。
妊活についてきちんと話し合い、心に余裕をもって妊活に取り組むことが大切です。

 

 

 

高齢妊活のサポートには、手軽に利用できるサプリメントも有用です。
生活改善しつつ取り入れてみてはいかがでしょうか。こちらでご紹介しています。
【妊娠しやすいサプリの選び方とは?ランキングもご紹介!】