妊娠しやすいお茶がある?オススメのお茶と注意点

MENU

妊娠しやすいお茶がある?オススメのお茶と注意点

お茶にも、妊娠しやすい状態を作り妊活に効果的なものがあるといいます。飲みやすくて簡単に利用できるお茶で妊活がサポートできたら良いですよね。
ただ、お茶を飲む場合には注意したい点もいくつかあります。安全においしく飲みながら、妊活に活用しましょう。

 

妊娠しやすいお茶

ルイボスティー

美容や健康に良いとして近年人気となっているお茶ですが、妊娠しやすい状態作りに良いお茶としても人気になっています。
鉄分やカルシウム、ポリフェノールなど妊活に役立つ栄養が含まれていて、さらに抗酸化作用によって卵子の老化を抑える作用があるといいます。ノンカフェインのお茶です。

たんぽぽ茶

漢方でも使われていて、子宮内膜の血液循環を良くし卵胞の発育を促すといいます。体調を整えたりストレスを軽減する効果もあり。ノンカフェインのお茶です。

ハーブティー

ルイボスティーもタンポポ茶もハーブティーの一種ですが、他にも様々な種類のハーブティーがあり、中には妊娠しやすい状態作りに役立つ作用を持つものがあります。
妊活中にはストレス、冷え、ホルモンバランスの乱れ、婦人科系の問題などに効果があるものがおすすめです。
一方で妊活では良くない作用を持つハーブティーもあるので、飲むなら妊活向けになっているお茶を利用するのもいいでしょう。

 

お茶の注意点

お茶を飲む場合には、注意しておきたい点もあります。

カフェイン

カフェインは興奮作用、利尿作用などがあり、飲み過ぎると中毒症状を起こすこともあります。体を冷やすという、妊娠したい場合にはあまり嬉しくない作用もあります。
さらに赤ちゃんは大人よりカフェインの影響を受けやすいため、妊娠中や授乳中の人は過剰摂取を避けたほうがいいと言われています。
鉄分の吸収を阻害するので、貧血になりやすくなる影響もあります。

タンニン

抗酸化作用や抗菌作用といった良い部分もありますが、こちらも鉄分の吸収を妨げるので、貧血になることがあります。

お茶の種類によってカフェインなどの量は違いますが、基本的には飲み過ぎた場合のことですから、一日にお茶を一杯や二杯くらい飲むだけならそれほど影響はないはずです。鉄分については、食事中や食前・食後(一時間程度)にお茶を飲まないようにすれば吸収を妨げません。
それでも気になる場合はノンカフェインのお茶を飲みましょう。
また、体を冷やすと妊娠力の低下を招くので、お茶をはじめ飲み物は温かいものがおすすめです。

飲み続けること

お茶ですから、その効果もすぐに出るものではなく徐々に改善して妊活をサポートしてくれるといった感じです。なので、毎日飲み続けるのが大切です。
好みでない味を「効果のために…」と飲み続けるよりは、好きな味を楽しんで飲むほうがいいでしょう。
なお、妊娠しやすいお茶といっても飲み過ぎないように。

 

 

妊娠しやすい状態を作るには、日々の食事も大切です。お茶を飲みながら食事も見直しましょう。
こちらのページでご紹介しています。
【妊娠しやすい食べ物はありますか?食事で妊娠に近づくには】