妊活にどうして亜鉛が必要なのか、その理由を知ってますか?

MENU

妊活にどうして亜鉛が必要なのか、その理由を知ってますか?

亜鉛はミネラルの一種で、健康な体を維持するのに必須の栄養素です。
生体内の化学反応を活性化させる酵素の組成や細胞分裂に関わり、免疫機能を活性化する働きがあります。
また、亜鉛が不足した場合には味覚障害機能性障害のリスクがあります。
さらに、亜鉛は胎児の細胞分裂を助ける役割もあり、この時期に亜鉛が不足していると赤ちゃんが低体重や低身長で生まれるリスクが発生するほか、免疫や皮膚の形成にも影響するため、乳児性湿疹やアトピーの原因にもなり得ます。

 

現代の日本人が摂取している亜鉛の量は、平均すると推奨量よりやや少な目と言われています。
また、妊婦さんや授乳中の人は亜鉛も普段より多めの摂取が推奨されているので、意識して摂取したほうが良さそうです。

 

妊活にも亜鉛を

赤ちゃんに大切な亜鉛ですが、妊活でも亜鉛は大切です。
まず、亜鉛が不足すると、特に男性は性欲や精力が減退します。赤ちゃんを授かるための妊活なのに性欲がない状態というのは大問題です。
男性は亜鉛が不足しないように積極的に亜鉛を摂取して妊活しましょう。亜鉛によって精子を作る働きや精子の活動が活発になります。
また、亜鉛は子宮の状態を整えたり粘膜を形成するなど、女性にも影響します。ホルモンバランスに影響があり、卵胞を育て生理を正常にする働きや、排卵を促し着想しやすくなるといった働きがあります。
男女ともに亜鉛をきちんと摂取することで妊娠しやすい状態を作ることができるので、妊活中は特に亜鉛が不足しないように気を付けましょう。

 

亜鉛が多い食べ物

亜鉛は多くの食品に含まれていますが、特に亜鉛が豊富と言われる食材として牡蠣が知られています。
他にはチーズや煮干し、にしん、レバー、卵、ビーフジャーキーなどが亜鉛を多く含みます。
魚介類や肉類(特に牛肉)は亜鉛が豊富な食品なので食事に取り入れましょう。
亜鉛の摂取にサプリを利用するのもいいですが、基本的には食事から栄養を摂るように意識してください。

 

亜鉛を摂取するときはビタミンCやクエン酸、動物性たんぱく質などと一緒に摂取すると吸収率が上がります。
一方、小麦粉製品やインスタント食品に含まれるフィチン酸やポリリン酸は亜鉛の吸収を妨げます。

過剰摂取に注意

ちなみに亜鉛は過剰摂取すると貧血の原因になることがあります。鉄や銅の吸収を妨げるためです。
サプリを使って補う場合は、過剰摂取にならないように気を付けましょう。
亜鉛の推奨摂取量は成人男性約12mg、成人女性9mg、妊娠中や授乳中はそれより2mgほど多めとなっていて、上限は30mgです。

 

 

妊活で大切な栄養素には葉酸もあります。亜鉛と一緒に意識して摂取しましょう。
その効果については、こちらのページでご紹介しています。
【葉酸の効果が知りたい!なぜ摂取が必要と言われているの?】